Skip to content

アメリカンバイクに似合うヘルメット

biker-1638102_640

★ヘルメットを選ぶポイント

服装と同じように、ヘルメットも重要なファッションの一部となってきます。

ヘルメットといっても種類も形も、バイクと同じくらい様々です。

まず基本的なことから申し上げますと、250㏄以上のバイクにハーフヘルメットを被っていると違法になります。

(ヘルメットの内側を見れば記載されています。)

しかし、違法と言っても警察に見つかれば即アウトというわけではなく、何かの取り締まりのついでに指摘されるレベルのものです。

(警察によっては切符を切られるかも知れませんが、私は幸運なことにまだありません。笑)

また、ハーフヘルメットが違法の理由としては、250㏄以上では速度制限が車と同じになるため、スピードが出ます。

その分、事故が起きたときに頭を守るものとしては規格が不十分ということから、規制がなされています。

(ビンテージの高額なジェットヘルメットなら深くかぶれるので、かっこいいのですが・・・なにしろ高いです。)

ですので、本来であればフルフェイスやジェットヘルメットが望ましいのですが、どうしてもこの2つはアメリカンバイクには似合いません・・・。

★似合うヘルメット

bef17939bebe8eb01cace26ba4eb410e_s

やはりアメリカンバイクに似合うヘルメットといえばハーフキャップです!その中でも、とくにダックテールというタイプが浅く被れて、アメリカン乗りにはもってこいのヘルメットです!普通のハーフキャップだと、見た目がチープな印象があり、「バイクはかっこいいのに、ヘルメットがなあ・・・」ということになりかねません。

またダックテールの中でも装飾品と書いてあるものがあり、これは安全性はほとんどないのですが、他のヘルメットにはないすっきりしたシルエットを演出できます。

しかし装飾品ということもあり、捕まれば(ノーヘル)という扱いにされてしまうかとおもますので、推奨は致しません。

あくまで自己責任でお願いします。

(ただ、周りからはわかりにくいので、こっそり被っている人も結構いらっしゃるようです。)

★安全でカッコいいヘルメットがほしい人は?

そうなると、私のおすすめは「BUCO」「MOMO」「シンプソン」「ダムトラックス」辺りがよいかと思われます。

中でも「ダムトラックス」はおしゃれで、比較的安価なものがそろっていますので、はじめての方でも購入しやすいです。

しかし、どうしてもお金が・・・という人は、はじめは安価で安全なものを選び、お金が溜まればカッコいいヘルメットを買うのもよいでしょう。

とにかく、ヘルメットは安全のためとファッションのため本当に重要なアイテムです。