Skip to content

アメリカンバイクに乗るなら運転マナーもかっこよく!

biker-1030291_640

♡惚れちゃう♡そんな運転マナーとは

1.他の車に道をゆずる

アメリカンバイクに乗る人は、細かいことは気にせず、きっと性格もおおらかです。

アメリカという広大な大地をかけめぐるバイクだからこそ、心も広大にいきましょう。

ということで、アメリカンバイクに乗っている人は、交差点や、普通の道でも、他の車に道を譲っている人を多く見かけます。

どんなに怖い見た目の人でも、走っているときは優しさが溢れています。

(たまにとばして道を譲らない人もいますが・・・)

というより、発進がゆっくりなバイクなので、急ごうとしても危険があり、そのため「道を譲る」という形になっているのですが、結果的に紳士になれます。

2.走行中にタバコは吸わない

アメリカンバイクに一番合うのは、コーヒーとタバコですよね。

わかりますその気持ち。

めちゃくちゃわかります。

しかし、道はみんなのもの。

人様に迷惑をかけてはなりません。

というより、歩きタバコと同じように、走りタバコも基本的にはマナー違反です。

それをしている本人がかっこいいと思うだけで、周りの歩行者はおろか、ほかのライダー全員から嫌な目で見られます。

ハーレーなどのツーリンググループでも、タバコを吸いながら走っている人を見かけたことはありません。

やはりライダーは経験を積むと、自然とマナーも身についてくるものです。

3.すり抜けをしない

アメリカンで幅が広いのに、急いでいるのか、無理やりすり抜けようとする人がいます。

交通ルールとしては違反はないのですが、アメリカン乗りとしてはマナー違反だと感じます。

アメリカンバイクはほかの車と同様、どっしりと構えて信号待ちでも停車していてほしいです。

車と車の細い道をすり抜けている時点で、ああ・・・アメリカンなのに・・・という印象を持ちます。

なにより、他の車にぶつかる危険が大ありなので、アメリカンバイクでのすり抜けはやめておきましょう。

💔こんな運転にはがっかりエピソード

やはり同じライダーとして、他のライダーを見てがっかりする場面には一度や二度は遭遇します。

私は反面教師として捉えてますが、わざとふかすバイク・・・暴走族と一緒です。

クラッチを引いたままアクセルを回すので音だけが周りに響きます。

冬場になかなかアイドリングが安定しないとなると仕方ないですが、ただふかして音を鳴らして楽しんでいるとすると、ガソリンの無駄ですし、なにより迷惑です。

住宅街を爆音で遠慮なく走る行為もそうですが、常識的なマナーは守ってほしいものです。

アメリカンバイクは誰から見てもかっこいいですし、カスタムによっては一目置かれる存在になれます。

そしてなにより、乗っている時間はとてもハッピーな気持ちになれます。

アメリカンバイクに乗って、楽しいバイクライフをお過ごしください。